七神創話 ―第29話―

《前回より……》
29-28話あらすじ


あゆみかん自作連載小説

主人公・松波勇気が異世界で頑張る長編ファンタジー
シリアスあり、コメディー要素ありとなっていますが
作品中、今後の経過により残酷な描写があるかもしれません。
同意した上で お読みください。
なお、第2話以降からは こちらに本編を掲載せず、
別のサイト「小説家になろう」への小説直リンク先を貼って追加更新していこうと考えていますので、
そちらへお進み頂きお読み下さい。

第29話の一部だけ、こちらに掲載しております。
どうぞ……


 ・ ・ ・ 


第29話 (攻防戦)


「どうした? 手が震えてるぞ」

 変わらない冷ややかな声の調子で言うレイ。

 私は、まんまと奴の策にハマッてしまったのだ。こいつの頭の中では、常に張り巡らされた策でいっぱいなのかも。セナだって何度か言ってた。レイは、頭がいいとか天才だって……。冷静で徹底主義で、粗がないって。その頭脳で、大人でさえ言いくるめてしまうって。

 レイは私にココへ来るように仕向けた。一人で来たのはたまたまだったけれど、恐らくセナ達と一緒に入り口をくぐったとしても。何らかの方法で結局私を単独で行動させようとしたんだろう、私達の行く先々の村や街を襲っていたのも、そのため。私が、レイを心底憎むように。そして、レイの元へ来るように、仕向けた。

 悔しい。
 悔しいわ! 何でそれぐらい気がつかなかったの!

 いつかカイトが疑問に思ってこぼした事はあった。何で、レイは私達の先回りをしているんだろう、って。少し頭には引っかかってはいたけれど。
 レイは ただ闇雲に四神鏡を探しているのだと思っていた。なのに、そんな裏があったなんて。結局 私はそんな深く考えていなかった。

「どうして私と戦いたいの? 私が“救世主”だから?」

 怒りで震えているのを堪えて聞く。レイは私の最初の攻撃をかわして、私の背後に居た。

「お前の本当の力を見たい。蛍と戦った時の、あの“力”を……」

 レイは言った。瞬間、私はドキリとする。
 その事は、ずっと触れないで心の奥にしまっておいた事。蛍がまだ敵だった時、私と一対一で戦った。せっかくカイトからもらった人形をダメにしてしまい、カッとなって私が放った“攻撃”の事だ。あれで私、丘を一つ消してしまった。オボロゲにしか、覚えていないんだけど。私は てっきり、セナにもらった指輪のおかげなんだと思っていた。今もそう思っている。だけど……。

「私は一般人。何の力も持ちはしない。おあいにく様ね」
 ニヤリと笑ってやった。本当は足も、ナイフを持つ手も震えているんだけれどね。何とか踏ん張って強がっている。怖いけれど、だけど……!

 レイは顔色一つ変えず、いきなり指をパチンと鳴らした。すると、私の背後にパッと何かが現れていった。

29話3スクリーン


 それは大きく、映写機とかで映されるスクリーンのようなもの。しかも横並びに3つ。パッ、パッ、パッ。
 驚いたのは、中央のスクリーンには この城の入り口らしき映像が映し出されていて、セナ、カイト、蛍、紫の4人の姿があったのだ。
「セ、セナ……皆。来てくれたの……」
 ナイフを持つ手が緩んだ。あまりの感激に顔もほころびた。
 セナの真剣な顔……セナとは、ケンカ別れ風になってしまった。てっきり怒っているんじゃと思っていた。でも、来てくれた……嬉しい。
 ところが、私のそんな姿を見て、レイはまた口元をニヤつかせた。


「何処を見ている救世主。セナ達は、ココへは来ないぞ」


「え……?」

 一瞬だけレイの方を見て、またスクリーンの方を見た。するとどうだろう、セナ達の進む先には、3本の分かれ道が。おかしい、私が通ってきた廊下では分かれ道なんてなかったはずじゃ。どういう事なの?

 とにかく、声は聞こえないんだけれどセナ達は集まって少し話し合った後に。3手に分かれ、それぞれ道の先に向かって歩き出していった。セナは右の道に、カイトは中央の道へ、蛍と紫くんは左へと。それぞれが歩き出し、各スクリーンで個人を追うように映し出されていった。
 まさか そのために用意されたスクリーン?

「救世主ともども。単純で楽だ、わざわざ別行動をとるとは。よっぽど救世主のおかげで焦っているのか、考えが足りない」

 レイが愉快そうにスクリーンを見て一笑する。レイの言葉は私の胸にチクチクと針をさすよう。
 単純で悪かったわね! ああそうですよ、考えなしですよぉ!
 私はアッカンベーでもしてやろうかと思ったが、さらにバカさをアピールしてどうすんだと引っ込めた。

「あ……!」
 気がついた。それぞれの道先には。

 敵が、立ちはだかる。

 右の廊下を突き進んで、何処かの部屋へと入っていったセナの前には、鶲が。中央のスクリーンでは同じくして、何処かの部屋へと入っていったカイトの前には、さくらが。そして、左のスクリーンに映し出された蛍と紫くんの前には……お坊さん?
「蛍が言ってた……紫苑、ね」
 頭はツルピカ。毛は生えていない。無表情に見えるが、落ち着き払ってまるで存在が感じられない雰囲気が漂う。沈黙を肌に感じる奇妙さが伝わってきた。

 それぞれが、それぞれに。対面していた。

「大事なゲスト達だ。最高の もてなしをしてやろう」

 言ったレイは邪尾刀を叩きつけるようにブンッ! っと下めがけて一振りした。

 ビシィィイッ!

 軽く振っただけなのに、床に亀裂が走る。斬れ味、絶好調とでも言いたいんだろうか。風圧だけで硬そうな床に大きな傷が。

(殺される……)

 嫌な汗が背中を伝う。ナイフを構えて体勢はとってはいるけれど、内心ビクビクしていた。さっきの怒りは。悔しさは、何処へ行ってしまったの?
 どうする私……本当にレイと戦うの? 確実に殺されるとわかってて?
 確実に……なんて言ってしまったけれど。勝てる自信がない。

 そうじゃないのに。
 こんな、武器で取りあうために来たんじゃないのに。

「どうした? かかってこないのか? なら、こっちから行くぞ」

 ハッと、気がついた時はもう遅かった。
 私の緊張と恐怖で固まった体は、瞬時には動いてくれるはずもない。

 レイの刀は私の胸を刺した――。




 セナと鶲は睨み合っていた。いや、睨んでいたのはセナだけで、鶲はさも面白そうにセナを見ていただけだった。しばらく両者とも、相手の出方を窺っている。

「どいてくれ……つっても無駄だな」
「無駄だね」

 そう即座に返す鶲の言葉にハァ~……と大げさなため息をついた。これまで、鶲にはえらい目に合わされてきている。今回もそうなんですかと、セナはうなだれた。
 しかし勇気の事もあったので、セナは焦っていた。鶲には決して見破られたくはなかったので、精一杯の余裕を見せるよう胸を張っていた。

「そういや、お前とこうして戦うのは初めてじゃなかったっけ」

 などと話しかけたりした。

「そうかもね。僕、争いごとはあんまり好きじゃないんだ。大椅子にでも座って机上で空説だの理論だの、述べている方が好き。だって僕の役割は業師。今回のこの戦いの組み合わせは、僕が決めたんだよ。レイがどうしても救世主と戦いたいって言うからさ。ま、しょーがないって感じでね」

 ステップを踏んだりしておどけてみせた。セナは眉をひそめる。

「レイが勇気と戦いたい? 何故だ?」

 セナの疑問に答えながら、首を回したりして準備体操を始めている。

「あの人は僕と違って戦いが好きなんだよ。救世主の行動を監視していて、大いに興味を持ったんだろうよ。……ただの直感かな? それとも」

「だから、襲う所の対象を俺達の目指す場所にしたんだな。俺らを誘ってやがったのかレイの奴……!」

 軽く舌打ちをして歯を食いしばった。鶲を見ておらず、横目で部屋の白一色の壁を睨んでいた。

「レイにとって、救世主なんてどうでもいいのさ。利用するだけ利用するつもりらしいけどね」

 すると鶲は、おしゃべりはこの辺でおしまいとでもいう風に手のひらをセナに見せるように前に広げた。


 ボコ、ボコボコボ……コ。


 床が見えない力で砕かれて、大石や小石へと割れていく。そうしてなった破片や塊は、すう、っと個々上昇し鶲を中心に。鶲を囲んで浮かんでいった。
 その数は増えていく。浮かび ある程度にまでいったら静止して。増えて、増えて……。

29話ひたきの攻撃!


「これはレイの技だよ。四師衆は皆、レイから技を教わったんだ」

 段々と小石はまたその数を増やしていく。
 やがて堰をきったように鶲が呪文を唱えた。「“飛礫”!」
 そう唱えると、浮かび上がった小石や破片は全てセナに向けて発射された。スピードがかなりかかっている。

 だがセナはこの技を知っていた。というより、話に聞いていた。レイがこの技で、3人の人間を殺してしまった事を……。だから予想できた分、守りが速かった。

「“風車”!」

 鶲が先ほど攻撃したのとほぼ同時ぐらいに、セナは呪文を唱え強風を起こした。強風は円や弧の形を描き、飛んできた無数の小石を残さず全て弾き返していった。弾き返された石は、鶲へと数個、数十個と当たっていく。
 鶲が放ったよりも さらに倍以上のスピードをつけた石は弾丸と化し、幾つかは鶲の体をも貫いていった。

「っつ……!」

 思いもよらない反撃に、ひるんだ鶲の隙を突いてセナが次の技を唱えた。

「“剃刀”!」

 風が横一文字の無数の刃となって、鶲を襲う。

「うわあっ!」

 容赦ないセナの攻撃に鶲は傷を全身に受けつけ、倒れた。ガックリと首を地面に打ちつけ意識を失う。
 近寄り、なんと一つも呼吸を乱す事無く黙って鶲を見下ろした後。先を急ぐべく出口を探そうと周囲を見渡すセナ。
 何よりも、勇気の事が心配でたまらなかった。



 ・  ・  ・



☆続きが気になる! 方や第29話全文を読みたい方は、こちらへ↓
 第29話全文を読む
(「小説家になろう」サイト小説直通先)

☆第1話から読む! という方は、こちらから↓
 第1話から読む

 携帯版は→コチラから


 ここのブログも ぼちぼち発展させようかなあと思います。
 何だか、音楽にハマッちゃってから。自分を中心にあちこち広げようとしてますね。
 何をやってんだろうか……。
 もはや、『隠れ秘密基地』でも何でもない。
『隠れてない秘密じゃない基地じゃないかもしれないけどじゃあココ何』に改名しなくてはいけないかもしれません。 


☆次回 第30話……

 刺された……邪尾刀で。レイに。
「勇気――」
 セナの遠ざかっていく声。気が遠くなる。
 
 私は――

 どうなる――

 ……?

 

 ありがとうございました。


関連記事

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

非公開コメント

あなたは何億人目?
天気予報などアテにしない

-天気予報コム- -FC2-
あまり可憐と言うなカレンダ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
あゆ森たろ新着短編小説
あゆ森たろ小説一覧表
ここからどうぞ
もしくはここ

新着順だと思う
めざせ短編100話じゃ
現在ふんばり中


作品リスト(2007-)
001 何かを飲み込んだ少年
002 ほうきとちりとり はセットではない!
003 岡目八目失敗談
004 想像力豊か物語
005 24時間以内に観なければ死ぬビデオテープ
006 看板屋のゆううつ
007 さよならお化けのキャーちゃん
008 イケメンと警察官
009 うさぎとかばやき
010 ウィンドーショッピング!
011 太陽とくもりさん
012 「何かにきく薬」
013 ミートコロッケの逆襲
014 白い銀河に謎の宇宙
015 足が長いただのオジさん
016 マヌカンが吠えるとき
017 お湯をかけてから三年
018 ピーターパンはいない
019 ストロベリー・オン・ザ・軽機関銃
020 サンタが感謝!
021 かくれんぼを しよう。
022 七神創話
023 5リズム
024 世界であ・そ・ぼ
025 とりつかれたクリスマス・イブ
026 白い銀河に謎の宇宙2-惑星シャンプー効用編-
027 シキオイオイ
028 金と運
029 殺人的不味さチョコレート事件
030 作者とおかしなストーリー
031 開かないトビラ
032 《あゆ森たろ短編集1》
033 道化師消失-黒いピエロ
034 おせっかいティーチャー
035 恐怖の大魔王2007
036 [ToAnotherWorld] - song by JOY4
037 電卓のなかの魔人
038 神様、ふざけすぎる
039 イージー・カム
040 作者とおかしなダイストーリー
041 七神創話【携帯版かも】
042 ここから Fly and Fall
043 雪女をスクエスト
044 ポスターが笑った
045 おかしいな? ハウマッチ
046 なにも見えない……
047 さんすうリズム
048 あなた、普通じゃない
049 テレビに話しかける
050 第一章【ピアノと天使】
051 蜘蛛絵図[クモアート]
052 笑い病
053 鮮やかな裏切り
054 サンタとおかしなストーリ
055 病気のシン・レイラ
056 悪魔な子どもたち

まどろみ世界NappleTale
秋『セシルの秘密花壇』より
曲題 Folly Fall
Napple Tale


↑春・花小説企画2009↑

057 掟破りのカーネーション
058 迷子をさがせ
059 《あゆ森たろ短編集2》
060 服を着せられていく話
061 生存者「e」
062 飛び出す絵本
063 シュセンド
064 見た目さんかく
065 無重力G
066 いもこん。
067 発送マニア
068 残像
069 さっぱりした関係
070 悪女へ
071 赤いくつ?
072【 BANZAI☆ロボット 】
073【リターン・トゥ・マイライフ】
074【作者と浦島ストーリー】
075【雪達磨は奔走する】

Merry Christmas Mr Lawrence
戦場のメリークリスマス

076【つくりすぎたサーターアンダギー】
077【そらかける馬】
078【梱包マニア】
079【耳鳴り】
080【アナアナ。】
081【SFのとーり!】

冬のなろう童話祭2012

082【犬】
083【刃物を持った男ワールド】
084【アドルフストロイカ】
085【音楽室の仕掛け】

冬のなろう童話祭2013

086【SNOWLAND】
087【彼女の名は、ドンキー】

冬のなろう童話祭2014

088【イチゴのショート劇場】

あなたのSFコンテスト

089【彼の子どもを好きになりました。】

夏のホラー2014

090【気づいて】
091【作者とおかしなSFストーリー】

冬の童話祭2015

092【季節、あげます】
093【きつねどん かぜひいた】
094【きつねどん かぜひいた(黒ver.)】

夏のホラー2015



095【ドッジボールしよ!】

冬の童話祭2016

夏のホラー2016



096【裏野ハイツで猫が啼く】

冬のなろう童話祭2017

097【季節をめぐらせて】

>
夏のホラー2017


ここまで 次作お楽しみに☆
お好きな部屋行きんしゃい
最近の記事きじ
企画作品 まとめ
企画用の作品へは こちらから
【SF企画】
■さんすうリズム(2008年)
■シュセンド(2009)
■リターン・トゥ・・(2010)
■BANZAI☆ロ・・(2010)
■耳鳴り(2011)
■SFのとーり!(2011)
■アドルフストロ・・(2012)
■彼の子どもを好・・(2014)
■作者とおかしなSF・・(2014)

☆SFシリーズ一覧
こちらから

【夏ホラー企画】
■ポスターが笑った(2008年)
■おかしいな?ハウ・・(2008)
■なにも見えない(2008)
■赤いくつ?(2010)
■アナアナ(2011)
■音楽室の仕掛け(2012)
■彼女の名は、ド・・(2013)
■気づいて(2014)
■ドッジボールしよ!(2015)
■裏野ハイツで猫が啼く(2016)

☆ホラーシリーズ一覧
こちらから

【春・花企画】
■掟破りのカーネ・・(2009)

☆恋愛シリーズ一覧
こちらから

【なろう冬の童話企画】
■犬(2012)
■SNOWLAND スノウランド(2013)
■季節、あげます(2015)
■きつねどん かぜひいた(2015)
■季節をめぐらせて(2017)

☆童話シリーズ一覧
・読んで安心童話シリーズ
こちらから
・読むと危険童話シリーズ
こちらから


☆シリーズ別一覧(すべて)
こちらから

おこしやす~
タグさんのリスト

小説家になろう公式関連 

なろう企画 夏ホラー

夏のホラー2017

夏のホラー2016

近くに居たのに

096【裏野ハイツで猫が啼く】


夏のホラー2015

不思議ホラー空間へ

095【ドッジボールしよ!】



夏のホラー2014

↓2014ホラー参加作品↓
よく考えれば・・

090【気づいて】

↓過去の参加作品もどうぞ↓

hora2013 

2013 夏
夏ホラー2013

無差別殺人者の心理
087【彼女の名は、ドンキー】

2012 夏
夏ホラー2012
085【音楽室の仕掛け】

hora2011 

2011 夏
horror2011.gif
080【アナアナ。】

2010 夏
夏のホラー2010
071【赤いくつ?】

2009 夏
夏のホラー2009
↑なろう*初の公式企画↑

* * *

↓なろう有志企画↓

2008 百物語

☆2008 百物語編☆
夏ホラー3小説
044【 ポスターが笑った 】
↑怖くないホラー↑
045【おかしいな?ハウマッチ】
↑グロいミュージカル風↑
046【 なにも見えない…… 】
↑『怖さ』とは?(残虐注意)↑

☆どうぞお立ち寄りを☆
SF小説 読んでみない?

<小説家になろうSF企画>
あなたのSFコンテスト

*終了しました*



089【彼の子どもを好きになりました。】



091【作者とおかしなSFストーリー】

お茶龍感想ブログ
企画作品への感想
まとめました


* * *

☆☆ 空想科学祭 ☆☆
1タイトル 可憐1 動画431KB ado動画2 アドルフストロイカ
084 アドルフストロイカ
まだ連載中orz

☆2012 夏☆
空想科学祭2012

タイトルmimi_mannga_02

☆2011年 夏☆
空想科学祭2011

耳鳴り
↑《RED/短編》↑
079【耳鳴り】

SFのとーり!
↑《BLUE/中編》↑
081【SFのとーり!】

☆2010年 秋☆
空想科学祭2010

65_5b0d5cb223_jpg.jpg
072【 BANZAI☆ロボット 】
94_c8bca814c6_jpg.jpg
073【リターン・トゥ・マイライフ】

☆2009年 秋☆
空想科学祭2009
063【 シュセンド 】

☆2008年 秋☆
banner.jpg
047【さんすうリズム】
* マイ アルバム なう *
いろいろ描いてきた
QRコードというらしい
QR
よく来たね~

あゆ森たろ

Author:あゆ森たろ
□□□□□□□□□□□□□□□
(- -)こんにちは~
新名「あゆ森たろ」
旧名「あゆみかん」
といいます。

ここはひっそりと
自己満足にひたる
我が秘密基地(別荘)
快適かもしんない
でもあんまり力入れてない
いいじゃん適当に
つくっただけさ
ヘイ ボーイ
ド根性ガール
そんな
ユルイカユイハズイ
空間
『あゆまんじゅう。』
(「。」を忘れないで)
です。

主に自作小説を書いたり
(リンクからどうぞ)
本も出版してたり
(リンクからどうぞ)
企画にも顔を出してみたり
(リンクから*しつこい)
絵もたまに描いてますが
ヘタレ@。
日々画力は低下。
昔のテクは何処いった?
それはもう遠い
過去のこと・・

ネット公開しときながら
ここはあくまでも
秘密基地(本家はmixi)なので
宣伝はこっそりと
お願いします(矛盾)。

放置しているかと
思われますが
その通りです。
深く考えても何も
もらえません。
むしろ損です。
注意。

しつこいエロと勧誘
うるさい偏りお断り。

ただ調和と癒しを好む。
平穏大事。
哲学する。学問する。
ぷはぁ~
芸術する。

叫ぶのは、
山の向こうでお願いします。

(07/10/21 登録)


*こんな事してる*

・日記[旅ブロ]
・日記[旅ブロ](移行中)
・あゆ森たろの小説
・ヤフオク出品中!
・mixi(本家)ここ
・amazonで書きまくる
・映画観た感想(by水樹凜)


*動物占いでは一匹狼*
群れない走らない絡まない

*好きな言葉で*
自己コントロールは「強さ」です

よろしく

御用あれば

名前:
メール:
件名:
本文:

リンクしまくり
小説家になろう
小説家になろう企画関連
なろう企画まとめwiki

無料ブログサイト
無料ブログ作成携帯アクセス解析無料レンタル掲示板無料CMS
飛んで秘に入る日記
(2010年11月より移行)
きっと愉快ななかまたち
コメント感謝御礼
ブログ内検索だー
こんだけ書いたのね~
なろう投稿小説 お役立ち
何かのお役立ちさんたち
あゆ( ̄▽ ̄)オク
↓ まろやかに出品中 ↓
出品中の商品はこちら
あゆまんじゅう。屋
買いもの? するのよ~
Amazonにてご注文
空からの言葉たち
* 販売中 *
空からの言葉たち2
第2弾 販売中
空からの言葉たち3
第3弾 販売中
いずれも初版のみ在庫限り
映画名作を鑑賞しよう
☆開催決定☆
☆午前十時の映画祭8☆

☆2017年も開催 決定☆
4月より

↓詳細ここから↓
十時祭
映画感想MIZUKIRING

'80アートMusic
TALK TALK

Such a Shame


APRIL 5TH
L U N A S E A
甘美な世界観

FEEL


世界/宇宙究極表現する


Face To Face

by LUNA SEA

星を飛び越え
時を飛び越え

Kissing in the cosmos
思い出さえ殘せなかったから
灰色の明日を考えてみる
YouTubeでみる

AnotherDayInParadise



彼女は町で男に声を
寒くて、寝る所がないの
どこかにないかしら…

その男は通りすぎ

振り向きもしない

彼女の声が聞こえぬ振りを
口笛を吹き
通りを去っていく

どうしていいか
わからない
という様子で

by Phill Collins
'80ラブソングの名曲

Alone by Heart


Is This Love
by Whitesnake
何処かへと飛ばされる
復興を願って
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
----*震災支援*----
Smile Japan小説企画

東北関東大震災被災地への
応援小説企画

被災地の皆さんが
笑顔になれる小説を