スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

51 【 蜘蛛絵図 [ クモアート ] 】


あゆみかん自作小説・51


蜘蛛スケッチ


【 蜘蛛絵図 [ クモアート ] 】

2008年11月7日。ネット小説自作作品51作目。
ジャンル: ? 前後作 読了約17分

< キーワード >
トレーディングカードゲーム(TCG) 必殺凶器 金出さんかいワレ
これが俺の店長ライフ 正直しんどい


* あらすじ *

TCG(トレーディングカードゲーム)専門店で働く澤田店長と

毎日巣または網作っている蜘蛛とが織り成すのは

アートな世界。

お互いはどうなっちゃうのか?



蜘蛛反転







―― いや、どうもなりませんよ。


*  *  *  *  *  *  *  *  * 


前編と後編に分けています。
前編だけをこちらに掲載しております。
後編は、後記のリンクへとお進みを。

店長と蜘蛛のちょっとズレたゆるい毎日をお楽しみ下さい。


 前編 




 頭を悩ませている問題がある。プレハブ小屋に毎日、巣または網作っている蜘蛛のことだ。

 俺は学生の頃からトレーディングカードゲームに興味を持ち始めた。TCGと略されるが、能力値やキャラクターの秀麗イラストがかかれたトレーディングカードをテーブルに並べて相手と戦闘を繰り広げる対戦型ゲーム。

 使用するトレーディングカードを買って集めなければ始まらない訳だが俺はまず、数十枚、とカードが初心者用に構築されたデッキ(セット)を購入し、それを基に各地の書店やゲームショップの片隅で行われている大会に顔を出してみた。

 それからというもの、大会は公式・非公式・ただの野郎集まりなど、形式に関係なく何処であろうとも積極的に参加するようになっていったのだった。

 カードも始めはデッキひとつで頑張っていたのだが、やはり物足りなくなり数枚入りで売っているブースターパックを買い出すようになった。どんどんと深みに嵌められていくようで、毎月の小遣いやバイトの給料の占める出費の割合も一緒に大きく膨らんでいった。

 デッキケースの柄にこだわり、勿論常識だがカードは1枚1枚をスリーブと言われる外装フィルムに入れるようにして、財布の景気のいい時はブースターもBOX買いをするようになった。

 必要のないカードや重複したカードは試しにネットオークションで出品してみたら買い手がつき儲かったのに味をしめ、今後の小遣い稼ぎの手段のひとつになっている。旬な時は万単位で取引可能だった。

 気分はかなりの悦である。しかし直ぐに次なるカードへの出費へと……金は消える一方なんだがな。とほほほほ。

 と、まあ。そんな学生の時分が過ぎようとする頃になってからだ。
 俺は将来のことを四六時中考えるようになっていた。いや、もっと昔から考えてはいた。ただぼんやりと、想像できない自分の姿を。どうなっちまうんだろうかと常々に。あっちゅう間に時は過ぎたがな。

 さあこれからフリーター突入かと思われた矢先だったんだ。俺は幸運にも矢坂というTCG界じゃ帝王とも呼ばれる男と出会った。ほんのしょぼくれた小さな大会で対戦相手として出会い、俺はありったけの力で奮闘したが2回戦で惨敗し。握手した後色々と身を明かして話し、会話は弾んで意気投合した。そして。


 何と店を経営することになった。

 帝王・矢坂という男はTCGを含め市場では様々な実績を残している男だったようで、会社をする傍ら俺のような暇人を見つけては『どうだやってみないか』と声を掛けているんだそうだ。ははあ。

 最初、右も左も訳わからん状態だった俺だが、事務の加代子さんと来(ライ)さんが力になってくれて俺は大いに助かっていた。2人とも接客の方が向いてそうなほど笑顔がチャーミングな女性で、もし自分に妹がいたらこんな双子が欲しいぞと思えてしまった。
 普段他愛ないおしゃべりでは、にこにことしていて笑いも引っ切り無しに続くのだが、仕事となるとその様相はガラリと変わり。俺は天使から 地獄の鬼 にでも化けたような2人にしごかれ尻に火がつき、休まる余裕もまるでなかった。

 先が全く見えず頼りなく始めた我が店の名は“ カ・ミューン ”。別に俺の名がカミオだからだとか、そんな理由ではない。俺の名前は 澤田慧太(けいた) だ。店の名前は単に英語の“ カモン(おいで) ”をもじっただけである。

 さて。このTCG専門店の店長ではあるが。実は矢坂さんや事務のお姉さん方の下っ端という

素晴らしく微妙な立場にいる 俺の。今一番の悩みとは。


 冒頭でお伝えした。

 店であるプレハブ小屋に毎日巣作っている蜘蛛のことである。

 どのように巣を作っているのか。そう、普通なら。部屋の角隅や人目のつきにくい所など、蜘蛛も自らの立場をわきまえて住処を構えているもんだと思っていた。しかしだ。店の。

 屋内堂々と中央に蜘蛛はどんとこせと巣作って 居座っていたのだ!

 レジカウンターから見て左から右からと、TCG関連商品がズラリと並んだショウケースの上、天井から近く、蜘蛛のチラチラと蛍光灯に照り光る糸はダラリと軽くしなってはいるが、長くてまるで暖簾(のれん)のように垂れ下がっている。

 しかしその暖簾が1本や2本の筋ならまだよかった。すぐ切れそうなものだ。だが。

 困ったことにその暖簾はとびきりの 芸、術、作、品、だった。

「何だとお……」

 最初は誰かがペルシャ絨毯でも買ってきて洗濯し干しておいたのかと思った。それほどまでに、まさに縦糸と横糸で器用に『編みこまれ』た芸術の模様――それが蜘蛛の糸だと判明したのは少し間を置いてからだったが――の出現に、俺は度肝を抜かれてしまった。

 それを初めて目にした日の朝を振り返っておこう。

 いつも俺は。店を開けようと定時である朝の9時に車を飛ばしてやって来て、警備のかかったドアを開ける。それから売場へと突き進んで開店準備の開始だ。そのはずだったんだ。だがそこで……俺はいきなりアーチックな世界へいらっしゃいませと踏み込むことになってしまった。


 う、美しい。


 奇跡だ。


 俺はしばらく呆然と、それに魅入ってしまっていた。

 左右の壁の狭間でまだ照明を3分の1しか点けてはいない薄明かりの中で。この『作品』は俺に衝撃と感動を与えてくれたのだ。

 時間だけが過ぎていく。何処かでカッチコッチと鳴る時計の音がよく響いている。冷え錆びた……幽玄の世界だ。 いっそここには時間が存在しない……。
 ……なんて昇天した顔でウットリ堪能していたら。


「何やってんの、澤田君」


 名前を呼ばれ俺はハッとして現実に舞い戻ってくる。背後から浴びせられた声の主を確認する前に俺は高く掛けられていたアナログ時計を急いで見ると、10時5分。「やべ……」

 開店時間をとうに越えていた。ここに来たのが9時10分頃だったから、1時間近くもこんな所で突っ立っていたということか。何てこった!

「すんません加代子さん! ついあれにみとれてて……」

 俺の後ろに立っていたのは事務の加代子さんだった。白のスカートスーツに白のヒールを履いている。耳元のシルバーのピアスが輝いて、微かに甘い香水の匂いが漂った。

「何なのこれ。 新しい趣向?

 加代子さんもキョトンとして巣を見ていた。

「んな訳ないですよ。昨日の帰りには無かったのに、たったひと晩でこんな……」

 俺は頭を掻きながら、さてどうしたものかと悩んでいた。

「まあ、とにかく 邪魔 ね」

 加代子さんはすぐ傍の壁に立てかけてあった軽めの箒(ほうき)であっさりと巣を払いのけてしまった。「ああ!」

 俺からつい声が漏れ出す。「何よ。だって営業妨害じゃない」
 加代子さんに躊躇や情けはなかった。やがて巣は全て箒に絡みつき床にも落とされ、回収され水で洗われ最後に排水口へと消えていった。


 それからというもの。

 蜘蛛の糸は、毎朝毎朝と。芸術作品を俺に見せつけてくれるようになったのだった。

 始めの方は曼荼羅やら幾何学模様やらベイズリー柄やらと 『柄』 』で俺を圧倒させ攻めていたのだが、次第にモナリザやヴィットーレ・カルパッチョ、葛飾北斎と 『絵』 で攻めてくる。そして今度は芸能人やミュージシャンなど、 『人物』 を糸で表現してくれた。

 素晴らしい。ただただため息をつき驚嘆するばかりだ。

 思わず携帯で写真を撮り、今度金銭に余裕があればデジカメを買って被写体をちゃんと撮って収めようと思っていた。

「ふん!」

 思い切る鼻息の音をさせて毎日奮闘しているのは加代子さん及び来さんだった。毎日毎日、箒で巣の撤去に励んでいる。

「見てないで何とかしなさいよ!」

 時々俺も怒られる。言われて渋々、買ってきて増えていく箒の1本を手に取り撤去作業に協力する。加代子さんの言う通り、これでは営業妨害だな、確かに。

 何て蜘蛛の巣発見から2週間になってようやくそれに気がついた時。

 もう1つ気がついた。 『奴』は、何処にいる……?

 俺は初歩的なことに気がついたのだ。巣の『家主』をまだ見ていないと。会ったら会ったでこんにちは精が出ますねと挨拶の1つはしてみたいもんだと思うが、一向に姿を現さない。これはおかしい。

 まさかシャイなのか。

「あーもお! 毎日毎日い! こうなったら……!」

 ある日ついにキレた加代子さんは、その細い腕で隠された所に仕舞われていた必殺凶器を持ち出してきた。グレー色のスプレー缶。商品名は『ムシ・コロース』。ネーミングに捻りもなく殺虫スプレーだ。

「何処に潜んでいるのかしらね……?」

 加代子さんの目の奥が妖しく光る。何処か芝居がかっている加代子さんの風体。「イーヒッヒッ……」素でないことを祈るばかりだ。

「こら加代。今そんな物を振りかけちゃ、臭いが付いて商品が傷んじゃうでしょ。とにかく、澤田店長。
 このままでは迷惑ですので、今夜何とかして下さい

 後から出勤してきた来さんが俺にそう言ってきた。

「へ? 今夜?」

「だって閉店後に活動してるんでしょ蜘蛛。だったら待ち伏せて、話つけてきて下さい」


 蜘蛛と?


 俺の目に映っているのは、ムシ・コロースを片手に店の隅々にまで目を行き届かせて獲物を探している屈み込んだ加代子さんの背中と、とっとと必要な書類を持って持ち場へと戻って行こうとする来さんと。フォトフレームに入れられ毎日1つずつ増えていく蜘蛛の糸作品を撮影しプリントされた写真が飾られた壁。

 これが俺の店長ライフなのか。 ……何で。



 今日は木曜日。発注した新商品がどっと勢いよく届き、接客傍ら朝から商品の整理と陳列とに追われ大忙しだった。

 客の年齢層は主に子ども。プレハブ小屋という、こじんまりとした店でもあったので、たった十数人の人間が来ただけで屋内はもう満員だ。金銭的に人も雇えない自分とあっては、基本ひとりで頑張るしかない。事務の加代子さんと来さんが開店当初から応援に手伝ってくれているのでかなり助かってはいるが、本当にひとりだけでしようものなら相当の覚悟を用意しておいた方がいいだろう。とても好きでないとやっていかれない。

 午後からは公認の大会だったが、特に問題はなく時間は過ぎていった。

 さあこれから夜。

 俺は売上集計、荷物の整理、売場の掃除、明日の発注確認など日課を終えてパイプ椅子に腰かけて休んでいた。店を閉めてから数時間。忙しかった今日はいつもより作業に時間がかかり、もう日が変わろうとしていた。

 カッチコッチ。静かな店内に時計の音は規則正しく音を立てる。椅子に腰かけて売場を見渡し眺めながら、自分の人生というものを考えていた。

 ……俺、このままここにいていいんだろうか。

 途端に顔が曇る。心に影を落とす。俺は少し不安になった。

 壁際には、本日入荷した商品も含めTCGのBOXや関連商品としてファイルやスリーブ、フィギュアなどが並んでいるショウケースが場をとっている。壁にはキャラクターや予定が書かれた広告ポスターが貼られて見るにとても賑やかだった。

 2次元的な物はここにたくさんあるが、人間は今俺しかいない。

 ひとりだ。

 もうかれこれ上京してから何年経ったのだろうか。親父とおふくろ、元気かなあ……。

 俺はウトウトと、疲れもあって椅子に座って腕を組んだままうたた寝をしてしまっていた。時計は、午前2時を迎えている。

「クシュン!」

 すっかり寒々とした売場で自分のくしゃみとともに目が覚めた。そして仰天だ。俺は即座に立ち上がる。ガタ。激しく椅子を動かしていた。


 オ ツ カ レ サ マ 。


 蜘蛛の巣には、カタカナという日本語の文字ではっきりとそう書かれていた。

「蜘蛛の野郎……」

 テカテカと光る蜘蛛の糸。朝になれば、ウチの事務のお姉さん方に取っ払われてしまう少し可哀想な糸。短き時の芸術。

「ちきしょお……」

 俺がそう呟いてしまったのは、別に加代子さん達や己の運命を呪ってのことではない。今、俺の目尻に溜まった水の粒に対してだ。ちきしょお、何で涙が出るんだよお……。そう思いながら拭うと、涙はもう出ては来なくなった。「本当によ……」

 困った奴だぜ、ともうひと言漏らしながら俺は裏に置いてある箒を取りに売場を歩いて出て行った。


《 後編へ続く 》

ご読了ありがとうございました。


関連記事

テーマ : SF(少し不思議)自作小説
ジャンル : 小説・文学

非公開コメント

あなたは何億人目?
天気予報などアテにしない

-天気予報コム- -FC2-
あまり可憐と言うなカレンダ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
あゆ森たろ新着短編小説
あゆ森たろ小説一覧表
ここからどうぞ
もしくはここ

新着順だと思う
めざせ短編100話じゃ
現在ふんばり中


作品リスト(2007-)
001 何かを飲み込んだ少年
002 ほうきとちりとり はセットではない!
003 岡目八目失敗談
004 想像力豊か物語
005 24時間以内に観なければ死ぬビデオテープ
006 看板屋のゆううつ
007 さよならお化けのキャーちゃん
008 イケメンと警察官
009 うさぎとかばやき
010 ウィンドーショッピング!
011 太陽とくもりさん
012 「何かにきく薬」
013 ミートコロッケの逆襲
014 白い銀河に謎の宇宙
015 足が長いただのオジさん
016 マヌカンが吠えるとき
017 お湯をかけてから三年
018 ピーターパンはいない
019 ストロベリー・オン・ザ・軽機関銃
020 サンタが感謝!
021 かくれんぼを しよう。
022 七神創話
023 5リズム
024 世界であ・そ・ぼ
025 とりつかれたクリスマス・イブ
026 白い銀河に謎の宇宙2-惑星シャンプー効用編-
027 シキオイオイ
028 金と運
029 殺人的不味さチョコレート事件
030 作者とおかしなストーリー
031 開かないトビラ
032 《あゆ森たろ短編集1》
033 道化師消失-黒いピエロ
034 おせっかいティーチャー
035 恐怖の大魔王2007
036 [ToAnotherWorld] - song by JOY4
037 電卓のなかの魔人
038 神様、ふざけすぎる
039 イージー・カム
040 作者とおかしなダイストーリー
041 七神創話【携帯版かも】
042 ここから Fly and Fall
043 雪女をスクエスト
044 ポスターが笑った
045 おかしいな? ハウマッチ
046 なにも見えない……
047 さんすうリズム
048 あなた、普通じゃない
049 テレビに話しかける
050 第一章【ピアノと天使】
051 蜘蛛絵図[クモアート]
052 笑い病
053 鮮やかな裏切り
054 サンタとおかしなストーリ
055 病気のシン・レイラ
056 悪魔な子どもたち

まどろみ世界NappleTale
秋『セシルの秘密花壇』より
曲題 Folly Fall
Napple Tale


↑春・花小説企画2009↑

057 掟破りのカーネーション
058 迷子をさがせ
059 《あゆ森たろ短編集2》
060 服を着せられていく話
061 生存者「e」
062 飛び出す絵本
063 シュセンド
064 見た目さんかく
065 無重力G
066 いもこん。
067 発送マニア
068 残像
069 さっぱりした関係
070 悪女へ
071 赤いくつ?
072【 BANZAI☆ロボット 】
073【リターン・トゥ・マイライフ】
074【作者と浦島ストーリー】
075【雪達磨は奔走する】

Merry Christmas Mr Lawrence
戦場のメリークリスマス

076【つくりすぎたサーターアンダギー】
077【そらかける馬】
078【梱包マニア】
079【耳鳴り】
080【アナアナ。】
081【SFのとーり!】

冬のなろう童話祭2012

082【犬】
083【刃物を持った男ワールド】
084【アドルフストロイカ】
085【音楽室の仕掛け】

冬のなろう童話祭2013

086【SNOWLAND】
087【彼女の名は、ドンキー】

冬のなろう童話祭2014

088【イチゴのショート劇場】

あなたのSFコンテスト

089【彼の子どもを好きになりました。】

夏のホラー2014

090【気づいて】
091【作者とおかしなSFストーリー】

冬の童話祭2015

092【季節、あげます】
093【きつねどん かぜひいた】
094【きつねどん かぜひいた(黒ver.)】

夏のホラー2015



095【ドッジボールしよ!】

冬の童話祭2016

夏のホラー2016



096【裏野ハイツで猫が啼く】

冬のなろう童話祭2017

097【季節をめぐらせて】
097【ウラノDLで猫が啼く】
>
夏のホラー2017


ここまで 次作お楽しみに☆
お好きな部屋行きんしゃい
最近の記事きじ
企画作品 まとめ
企画用の作品へは こちらから
【SF企画】
■さんすうリズム(2008年)
■シュセンド(2009)
■リターン・トゥ・・(2010)
■BANZAI☆ロ・・(2010)
■耳鳴り(2011)
■SFのとーり!(2011)
■アドルフストロ・・(2012)
■彼の子どもを好・・(2014)
■作者とおかしなSF・・(2014)

☆SFシリーズ一覧
こちらから

【夏ホラー企画】
■ポスターが笑った(2008年)
■おかしいな?ハウ・・(2008)
■なにも見えない(2008)
■赤いくつ?(2010)
■アナアナ(2011)
■音楽室の仕掛け(2012)
■彼女の名は、ド・・(2013)
■気づいて(2014)
■ドッジボールしよ!(2015)
■裏野ハイツで猫が啼く(2016)
■ウラノDLで猫が啼く(2017)

☆ホラーシリーズ一覧
こちらから

【春・花企画】
■掟破りのカーネ・・(2009)

☆恋愛シリーズ一覧
こちらから

【なろう冬の童話企画】
■犬(2012)
■SNOWLAND スノウランド(2013)
■季節、あげます(2015)
■きつねどん かぜひいた(2015)
■季節をめぐらせて(2017)

☆童話シリーズ一覧
・読んで安心童話シリーズ
こちらから
・読むと危険童話シリーズ
こちらから


☆シリーズ別一覧(すべて)
こちらから

おこしやす~
タグさんのリスト

小説家になろう公式関連 

なろう企画 夏ホラー

夏のホラー2017

夏のホラー2016

近くに居たのに

096【裏野ハイツで猫が啼く】


夏のホラー2015

不思議ホラー空間へ

095【ドッジボールしよ!】



夏のホラー2014

↓2014ホラー参加作品↓
よく考えれば・・

090【気づいて】

↓過去の参加作品もどうぞ↓

hora2013 

2013 夏
夏ホラー2013

無差別殺人者の心理
087【彼女の名は、ドンキー】

2012 夏
夏ホラー2012
085【音楽室の仕掛け】

hora2011 

2011 夏
horror2011.gif
080【アナアナ。】

2010 夏
夏のホラー2010
071【赤いくつ?】

2009 夏
夏のホラー2009
↑なろう*初の公式企画↑

* * *

↓なろう有志企画↓

2008 百物語

☆2008 百物語編☆
夏ホラー3小説
044【 ポスターが笑った 】
↑怖くないホラー↑
045【おかしいな?ハウマッチ】
↑グロいミュージカル風↑
046【 なにも見えない…… 】
↑『怖さ』とは?(残虐注意)↑

☆どうぞお立ち寄りを☆
SF小説 読んでみない?

<小説家になろうSF企画>
あなたのSFコンテスト

*終了しました*



089【彼の子どもを好きになりました。】



091【作者とおかしなSFストーリー】

お茶龍感想ブログ
企画作品への感想
まとめました


* * *

☆☆ 空想科学祭 ☆☆
1タイトル 可憐1 動画431KB ado動画2 アドルフストロイカ
084 アドルフストロイカ
まだ連載中orz

☆2012 夏☆
空想科学祭2012

タイトルmimi_mannga_02

☆2011年 夏☆
空想科学祭2011

耳鳴り
↑《RED/短編》↑
079【耳鳴り】

SFのとーり!
↑《BLUE/中編》↑
081【SFのとーり!】

☆2010年 秋☆
空想科学祭2010

65_5b0d5cb223_jpg.jpg
072【 BANZAI☆ロボット 】
94_c8bca814c6_jpg.jpg
073【リターン・トゥ・マイライフ】

☆2009年 秋☆
空想科学祭2009
063【 シュセンド 】

☆2008年 秋☆
banner.jpg
047【さんすうリズム】
* マイ アルバム なう *
いろいろ描いてきた
QRコードというらしい
QR
よく来たね~

あゆ森たろ

Author:あゆ森たろ
□□□□□□□□□□□□□□□
(- -)こんにちは~
新名「あゆ森たろ」
旧名「あゆみかん」
といいます。

ここはひっそりと
自己満足にひたる
我が秘密基地(別荘)
快適かもしんない
でもあんまり力入れてない
いいじゃん適当に
つくっただけさ
ヘイ ボーイ
ド根性ガール
そんな
ユルイカユイハズイ
空間
『あゆまんじゅう。』
(「。」を忘れないで)
です。

主に自作小説を書いたり
(リンクからどうぞ)
本も出版してたり
(リンクからどうぞ)
企画にも顔を出してみたり
(リンクから*しつこい)
絵もたまに描いてますが
ヘタレ@。
日々画力は低下。
昔のテクは何処いった?
それはもう遠い
過去のこと・・

ネット公開しときながら
ここはあくまでも
秘密基地(本家はmixi)なので
宣伝はこっそりと
お願いします(矛盾)。

放置しているかと
思われますが
その通りです。
深く考えても何も
もらえません。
むしろ損です。
注意。

しつこいエロと勧誘
うるさい偏りお断り。

ただ調和と癒しを好む。
平穏大事。
哲学する。学問する。
ぷはぁ~
芸術する。

叫ぶのは、
山の向こうでお願いします。

(07/10/21 登録)


*こんな事してる*

・日記[旅ブロ]
・日記[旅ブロ](移行中)
・あゆ森たろの小説
・ヤフオク出品中!
・mixi(本家)ここ
・amazonで書きまくる
・映画観た感想(by水樹凜)


*動物占いでは一匹狼*
群れない走らない絡まない

*好きな言葉で*
自己コントロールは「強さ」です

よろしく

御用あれば

名前:
メール:
件名:
本文:

リンクしまくり
小説家になろう
小説家になろう企画関連
なろう企画まとめwiki

無料ブログサイト
無料ブログ作成携帯アクセス解析無料レンタル掲示板無料CMS
飛んで秘に入る日記
(2010年11月より移行)
きっと愉快ななかまたち
コメント感謝御礼
ブログ内検索だー
こんだけ書いたのね~
なろう投稿小説 お役立ち
何かのお役立ちさんたち
あゆ( ̄▽ ̄)オク
↓ まろやかに出品中 ↓
出品中の商品はこちら
あゆまんじゅう。屋
買いもの? するのよ~
Amazonにてご注文
空からの言葉たち
* 販売中 *
空からの言葉たち2
第2弾 販売中
空からの言葉たち3
第3弾 販売中
いずれも初版のみ在庫限り
映画名作を鑑賞しよう
☆開催決定☆
☆午前十時の映画祭8☆

☆2017年も開催 決定☆
4月より

↓詳細ここから↓
十時祭
映画感想MIZUKIRING

'80アートMusic
TALK TALK

Such a Shame


APRIL 5TH
L U N A S E A
甘美な世界観

FEEL


世界/宇宙究極表現する


Face To Face

by LUNA SEA

星を飛び越え
時を飛び越え

Kissing in the cosmos
思い出さえ殘せなかったから
灰色の明日を考えてみる
YouTubeでみる

AnotherDayInParadise



彼女は町で男に声を
寒くて、寝る所がないの
どこかにないかしら…

その男は通りすぎ

振り向きもしない

彼女の声が聞こえぬ振りを
口笛を吹き
通りを去っていく

どうしていいか
わからない
という様子で

by Phill Collins
'80ラブソングの名曲

Alone by Heart


Is This Love
by Whitesnake
何処かへと飛ばされる
復興を願って
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
----*震災支援*----
Smile Japan小説企画

東北関東大震災被災地への
応援小説企画

被災地の皆さんが
笑顔になれる小説を

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。